FX自動売買ソフト(EA)の最適化とは?

優秀なEAは「バックテスト」で分かる

FX自動売買ソフトは、あなたに代わって、24時間365日チャートを分析し、チャンスが来れば自動的にポジションを取り、利確や損切りも全て自動で行ってくれるプログラムのことです。あなたが寝ている間も海外旅行中も、EAは自動的にトレードして、お金を稼ぎ続けてくれます。

日本及び海外では、優秀な成績をあげているEAがたくさん公開されています。

そのEAが過去にどれくらいの利益をもたらしたかは、「バックテスト」と呼ばれるテスト結果を見ればわかります。バックテストは、過去の相場環境でトレードをした場合に、そのEAがどれくらい収益を上げたかがわかるテスト手法です。

FXは、どのようにチャートが動いたか、全て価格=数値として記録が残っています。その記録をもとに、EAが過去にどのぐらいの収益を上げたかを、確認することができるのです。

バックテストの成績が良ければ、将来もそれと同じような収益を上げると考えることができるわけです。ですから、EAを選ぶ際には、バックテストの成績が良いものを上から順番に選んでいくのが一般的です。

FX自動売買ソフト(EA)は「過度の最適化」に注意!

ただしEAの中には、バックテストを捏造しているものもあります。その捏造方法の代表的なのが「最適化(カーブフィッティング)」と呼ばれるものです。

最適化(カーブフィッティング)とは、特定の通貨の、ごく短い期間だけ良い成績を挙げるように、過度に調整したEAのことです。

EAは、相場環境によって、成績が良い時期と悪い時期があります。トータルで良い成績を残せるのが、優秀なEAです。

しかし、長期間テストをした結果が良くない成績のEAでも、短期的に見れば大きな利益を上げることがあります。その利益を上げた短期間だけを取り出してプログラムを調整したり、バックテストとして公表すれば、そのEAはとても高い収益を上げるEAというふうに偽装することができます。

EAは10年以上のバックテストを公開しているものから選ぶ

これを「EAの最適化(カーブフィッティング)」と呼びます。このようなEAは、短期的には稼げるかもしれませんが、長期的に見るとマイナスになることが多いものです。

ではどのようにして過度な最適化(カーブフィッティング)を見破ればいいのかといえば、そのEAが10年以上のバックテストを公開しているかどうかで判断します。バックテストの期間が短すぎるEAは、過度な最適化をしている可能性があります。そのようなEAは避けるようにしましょう。

少なくても、10年以上のバックテストの成績を公開しているEAを選んでください。