FX自動売買ソフトに経費はかかる?

FX自動売買ソフトに必要なおもな経費とは?

FX自動売買ソフト(EA)に経費というものはかかるでしょうか?

FX自動売買ソフトは、あなたに代わって自動的に相場を分析し、チャンスが来たらポジションを取り、利確や損切りまで、全て自動で行ってくれるソフトウェアのことです。

世界中には、優秀な成績をあげているFX自動売買ソフトがたくさん公開されています。値段の相場は1万円から3万円ぐらいです。中には20万円以上するものもあります。

一度EAを購入すれば、それをメタトレーダー4などのトレーディングソフト上に設置するだけで、あとはほったらかしであなたに代わってお金を稼いでくれます。一度EAを購入してしまえば、それ以上のお金がかかることはありません。ごく稀にEAのバージョンアップごとに費用がかかるものがありますが、そのようなEAはほとんどありません。

EAで必要な経費は「VPS」のみ

では、EAを稼働させるために必要な経費には、どのようなものがあるでしょうか。

EAには、パソコン上で動くものとブラウザー上で動くものの2つあります。パソコン上で動くEAは、パソコン代というものがかかります。ブラウザー上で動くEAは、主にFX証券会社が用意しているので、費用がかかるかどうかは、そのFX証券会社ごとに異なります。

パソコン上で動くEAを利用する場合、ほとんどのEAトレーダーは「VPS」というサービスを利用しています。VPSとは、遠隔地にある高機能なパソコン(サーバー)を借りることができるサービスです。費用は月に1000円から5000円ぐらいです。

当ブログで推奨している複数のEAを組み合わせて稼働させる方法であれば、高機能なVPSが必要になりますから、VPSの月額費用は5000円程度になるでしょう。

高性能なVPSを選んだ方がお金と時間を節約できる

これが経費といえば経費となります。VPSは、24時間365日稼働し続けています。そのVPS上にあなたのEAを設置します。あなたのパソコンの電源が落ちている時でも、VPS上のあなたのEAは24時間365日稼働し続け、あなたに代わってトレードして、お金を稼いでくれます。

EAで必要な経費は、このVPSの費用ぐらいです。メタトレーダー4などのトレーディングソフトは無料で手に入りますので、お金はかかりません。

なお、VPSを選ぶ時には、あまり低スペックなものを選ばない方がいいです。複数のEAを快適に動かすためには、ある程度高機能なVPSを選んでください。低スペックなVPSは動作が遅いですし、たくさんのEAを設置することが難しくなります。

高機能なVPSなら、そのようなことはありません。結果的に高機能なVPSを選んだ方が、お金と時間を節約することができます。VPSにお金を出し惜しみするのは、あまり良い選択とは言えません。EAで稼ぎたいなら、できるだけ高機能なVPSを選ぶようにしてください。