FX自動売買ソフトが動かない時の対処法

EAが動かない時にチェックすること

FX自動売買ソフトが動かない時のチェックポイントを挙げてみましょう。

トレード通貨ペアをチェックする

まずEAには、対象とする通貨ペアが限定されています。複数の通貨ペアでトレードできるEAを私は見たことがありません。EAには、トレード対象とする通貨ペアが決まっていますので、その通貨ペアでトレードをします。間違った通貨ペアにそのEAを設置すると、エラーになって動きません。

なお、間違った通貨ペアにEAを設置しても、なんの問題もありません。ただエラーとなって動かないだけです。そのEAが暴走して、あなたの資金を使って勝手にトレードをする、ということにはなりませんので安心して下さい。EAのプログラムが、指定された通貨ペアでは動かないようになっているからです。

時間足をチェックする

またEAでは、時間足が指定されています。例えば5分足で動作するように作られたEAを15分足に当てはめると、EAは動きません。ですから、EAが動かなかった場合には、時間足を見直してみるといいでしょう。

ちなみに、本来は5分足でトレードをするEAを間違って15分足などに設置しても、なんの問題もありません。通貨ペアの場合と同じく、エラーとなって動かないだけです。EAが暴走するという事にはなりません。

FX口座をチェックする

またEAの中には、FX口座を指定しているものもあります。例えば「XM」でトレードをすることが条件となっているEAは、他のFX口座では動作しません。

EAの設定間違いをチェックする

なお、EAが動かないというのとはちょっと違うのですが、設定の間違いによって想定外のトレードをしてしまうということがあります。

例えば「マジックナンバー」の重複です。マジックナンバーとは、そのEAのトレードを認識するための番号です。複数のEAを稼働させる場合には、それぞれのEAで異なるマジックナンバーを付ける必要があります。

もし複数のEAで同じマジックナンバーをつけてしまうと、それらのEAが1つのものと認識され、EAが誤動作することがあります。複数のEAを稼働させるためには、マジックナンバーが重複しないように、しっかり管理する必要があります。

また、EAのLots数の設定にも気をつけてください。例えばあなたの許容できる損失を超えたロット数を設定してしまうと、一度の負けで口座資金を大きく失う可能性があります。これもEAが動かないという事例とはちょっと違うのですが、設定を間違えることによって、EAがリスクの範囲を超えたトレードをしてしまい、あなたの口座資金をなくしてしまうということにもあります。ですので、EAの設定には十分に気をつけてください。

なお、正しいEAの設定の手順は、各EAのマニュアルで詳しく解説されていますので、それを確認するようにします。