FX自動売買で「元手」はどれくらい必要でしょうか?

FX自動売買で必要な「元手」はいくら?

FX自動売買は、24時間365日、あなたに代わってチャートを分析し、チャンスが来たらポジションをとり、利確や損切りなども自動的に実行してくれるプログラムのことです。

日本国内および世界中には、とても高いパフォーマンスをあげているEAがたくさんあります。成績の上位から選んであなたのチャートに当てはまれば、あなたに代わってお金を稼いでくれるというわけです。

おそらく、世界で最も簡単な不労所得の構築方法だと思います。

では、EAトレードするための元手は、いくらぐらい必要でしょうか?

これはEAの数にもよりますが、10万円程度からスタートしても十分だと思います。当ブログでは、5個から十個、できればそれ以上のEAでチームを組み、同時に稼働させて総合的に利益を得る方法を推奨しています。

複数のEAが同時にポジションを取ることはほとんど無い

ここで多くの人が、たくさんのEAを同時に稼働させると、ロット数が制限されたり、大きな元手を用意しなければトレードできないのではないか、と疑問を持つようです。

実際には、たくさんのEAを同時に稼働させても、それぞれのEAが同時にポジションを取るというのはまれです。それぞれのEAは、対象とする通貨ペアや時間足、そしてトレードロジックが異なります。つまり、EA同士でトレードのタイミングはほとんど重ならないのです。

仮に10個のEAを稼働させていたとしても、同時にポジションを取るのは、最大で2~3個でしょう。それが、一週間に一度あるかないかです。EAが同時にポジションを取ってしまうと、それぞれのEAのロット数を低くしなければなりません。しかし実際にはそうならないので、各EAが推奨しているLots数を設定しても問題ありません。

EAの元手はまず10万円から。元手は少しずつ増やしていこう

ですから、元手は10万円程度からスタートすることができます。もちろん、FXは元手は多ければ多いほど有利ですが、100万円以上の大金を最初から投入することができる人は少ないでしょう。

まずは少額の10万円を用意して、それを元手にEAトレードをするといいと思います。そして資金を増やしていき、最終的には100万円以上を超える元手で運用すると、とても有利にトレードをすることができるようになります。